悩める女性のためのPMS改善サプリなび

PMSのツラい症状にサヨナラ!サプリで毎月快適に過ごしましょう

チェストツリー

PMS対策のサプリへ配合されている『チェストツリー』とは、どのような成分なのでしょうか?

ヨーロッパで広く愛されているハーブ『チェストツリー』について、成分の特徴やPMSへ作用する仕組みなどを解説しましょう。

チェストツリーってなに?

チェストツリーは、地中海沿岸地域や中央アジアなどに自生している、クマツヅラ科の植物。その実はチェストベリーと呼ばれて、ヨーロッパでは古くから婦人病や生理痛を緩和するハーブとして親しまれてきたものです。最近の研究の結果、女性ホルモンと同様の作用を持つことが認められ、ドイツではこのチェストツリーがPMSの治療薬として認可されているそう。

日本では、セイヨウニンジンボクと呼ばれることもあり、サプリメントなどに取り入れられて、女性の心と体の健康をサポートする成分として注目されています。

チェストツリーの効果とは

PMSの主な原因は、女性ホルモンの分泌バランスの崩れにあると言われていますが、このチェストツリーには、女性のホルモンバランスを正常に整える効果があることが分かっています。PMS対策サプリにチェストツリーが多用される理由はそこにあるのです。

チェストベリーの抽出物には、ホルモンの分泌指令を出す脳下垂体に直接働きかけて、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促す働きがあると言われています。黄体ホルモン(プロゲステロン)のレベルを上げることで、排卵前に過剰になる卵胞ホルモン(エストロゲン)のレベルを抑え、ホルモンバランスを調整する作用があるのだとか。

ほかにも、フラボノイドやアルカロイド、イリドイド配糖体などを含んでいて、これらの成分もホルモンの分泌バランスを整える働きをもっているそうです。

さらに、プロラクチンという乳腺を刺激するホルモンが異常に分泌されて無排卵月経や無月経を起こしてしまう、高プロラクチン血症という症状の緩和にも、チェストツリーが効果的であると言われています。

女性の身体や心の健康を大きく左右するホルモンバランスを、上手に調節して体調を整えるチェストツリー。女性にとって強い見方となってくれるハーブなのです。