悩める女性のためのPMS改善サプリなび

PMSのツラい症状にサヨナラ!サプリで毎月快適に過ごしましょう

植物性エストロゲン

排卵前に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」に似た作用を持つ、植物由来の成分を“植物性エストロゲン”と言います。

イソフラボンなどに代表される植物性エストロゲンの、特徴やPMSへの働きかけについて解説しましょう。

エストロゲンってどんな働きをするの?

エストロゲンは女性の卵巣から分泌されるホルモンの一種で、卵胞ホルモンとも呼ばれています。一生の間にたったティースプーン2杯分くらいしか分泌されないと言われていますが、月経や妊娠に関与するだけではなく、肌や髪の美しさを保ったり、女性らしい体を作るという重要な役割を担っています。

エストロゲンが主に月経後から排卵前まで多く分泌されることにより卵胞が育ち、排卵が促されるわけですが、排卵後からは黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンと分泌量が逆転します。プロゲステロンの分泌量が増えると、水分代謝が滞ってしまい、むくみや頭痛、めまいなどの症状が起こりやすくなります。さらに、精神の安定作用のあるエストロゲンが減少してしまうことで、イライラや鬱症状も出やすくなるそう。

このような、女性ホルモンのバランスの変化によって、PMSの症状が出てしまうと言われているのです。 

植物性エストロゲンとはどんなもの?

女性の身体にとって、女性ホルモン・エストロゲンが重要な役割を担っているということを解説しましたが、このエストロゲンの減少を補うために注目すべき成分としてご紹介したいのが、植物性エストロゲンです。

植物性エストロゲンは、女性の卵巣から分泌される動物性のものとは異なりますが、ほぼ似たような作用を持つとされていて、主に植物から抽出される成分。有名なのは、大豆に含まれる大豆イソフラボンです。

イソフラボンは、よく化粧品にも使われますが、説明書きを見ると「美肌効果」や「保湿効果」などが謳われています。これは、イソフラボンが持つエストロゲンと似た作用によってもたらされる効果と言えるでしょう。

また、イソフラボンと同様にエストロゲンと似た作用を持つ植物由来の成分としては、亜麻やゴマに含まれているリグナンがあります。 

植物性エストロゲンの作用とは

本来、女性の卵巣から分泌されるエストロゲンは、体の細胞にある受容体がそれを受け入れなければ作用しません。簡単に言うと、エストロゲンがカギ、体の細胞がカギ穴となっていて、エストロゲンというキーが細胞のカギ穴に差し込まれることで初めて、私たちの体に対する作用が起こります。

イソフラボンに代表される植物性エストロゲンは、動物性のエストロゲンとほぼ同様のカギの形をしていて、細胞のカギ穴に差し込むことができるのです。ですから、エストロゲンの分泌が不足している状態の時には、本物のエストロゲンに変わって、植物性エストロゲンが細胞のカギ穴を埋め、同様の効果が私たちの体に現れます。

PMSの主な原因は、エストロゲンが減少することによるホルモンバランスの乱れにあるわけですから、植物性エストロゲンをサプリメントで補ってあげれば、通常のホルモンバランスに整えることができ、症状が緩和されるというわけです。

植物性エストロゲンが配合されたサプリをコチラで紹介しています>>