悩める女性のためのPMS改善サプリなび

PMSのツラい症状にサヨナラ!サプリで毎月快適に過ごしましょう

どんな症状が出るの?

PMS(月経前症候群)とは、具体的にはどのような症状が現れることが多いのでしょうか?

月経があるほとんどの女性が、何らかの不調を感じていると言われるPMSについて、身体の症状と精神的な症状とに分けて、解説してみたいと思います。

さらに『自分の症状はPMSなの?』と疑問を感じている方には、PMSのセルフチェック法をご紹介しますので、参考になさってください。

PMSの症状~身体的症状について~

PMSはPremenstrual Syndromeの略で、月経前の2週間~10日ほど前から心と体に不快な症状が現れるもの。生理が始まると、症状が軽くなったり自然に消えてしまうことが多いところも特徴のひとつです。

原因は諸説ありますが、主なものとしては、生理周期にともなう女性ホルモンの分泌バランスの変化が挙げられます。

生理前、排卵の時期になると卵子の成長や排卵を促す卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになりますが、排卵を境に妊娠維持のための黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量と急激に逆転します。この時期のホルモンバランスの乱れが、女性の身体にPMSや生理痛の症状などをもたらすと言われているのです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は体内の水分代謝に影響を与えるそうで、PMSの症状としてむくみが生じるのはこのため。めまいや頭痛などは、脳にも軽い浮腫(むくみ)が起きるからだと言われています。

このほかにも、どのような症状が現れるのか、ご紹介しましょう。

<PMSの主な身体的症状>

○手足のむくみ ○乳房の張り ○めまい ○吐き気 ○頭痛 ○眠気 ○不眠 ○便秘 ○下痢 ○ニキビや肌荒れ ○食欲増進 など

 

PMSの症状〜精神的症状について〜

女性ホルモンの分泌量の変化は、女性の精神面にも大きな影響を与えます。

排卵期に多く分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)は、気分を高揚させ快活にさせるセロトニン系の脳内物質の分泌を促す働きがあるとされていて、エストロゲンが多く分泌される排卵前から、急激に分泌量が減る排卵後にかけては、精神的な浮き沈みが激しくなってしまう傾向が強いのです。PMSの症状の中で、無気力や集中力の低下、うつ症状を訴える方が多いのは、そんな理由からだと言われています。

それでは、PMSの精神的な症状として、どのようなものが挙げられるのか、ご紹介しましょう。

<PMSの主な精神的症状>

○無気力 ○憂鬱 ○イライラ ○集中力の低下 ○仕事の能率低下 ○興奮 ○不安の高まり など

 

PMSのセルフチェック法

生理前のご自身の症状がPMSに当てはまるのか気になる方は、下記の項目をチェックしてみてください。該当する項目が多い方や、生活に支障を感じるほどの症状がある方は、婦人科専門医を受診することをおすすめします。

 <身体的な症状チェック> <精神的な症状チェック>
  顔や手足にむくみがある   何事もやる気が起きない
  乳房が張って痛みがある   気分が落ち込みやすい
  吹き出物や肌荒れがある   不安感が強い
  頭痛、めまいがある   イライラする
  下腹部の痛みがある   孤独感が強い
  腰痛がある   緊張が強い
  下痢または便秘がある   クヨクヨしやすい
  眠れない、または常に眠いなどの睡眠障害がある   涙もろいと感じる
  だるさ、倦怠感がある   人に会うのが億劫だ
  首や肩の凝りがある   女性同士でいるのに嫌悪感がある

それぞれ3個以上該当する方は、一度サプリを試してみてはいかがでしょうか?

PMSの症状改善にオススメのサプリをコチラで比較しています>>